会社案内・パンフレット・カタログ・企画制作・デザイン・作成・印刷

会社案内・パンフレットの企画・デザイン・制作から印刷・発送まで

動画の可能性を探る!

at Makeの考える動画コンテンツは、CMやプロモーションビデオではありません。これまでの印刷物やWeb Siteでの文字と静止画像の展開では説明しきれなかった説明を動画コンテンツがフォローする。つまり、文章の「行間」を知らせる工夫としての動画コンテンツのご提案です。at Makeでは、シナリオの書き起こしから、動画の撮影、編集作業を含め、コストパフォーマンスの高い動画コンテンツの可能性を探ってゆきます。

これからのWeb Siteは、動画コンテンツが必須になるのか?

文字と静止画だけでの訴求には限界があります。文字だけでは伝えきれない情報を、目(動画)と耳(音声)で知らせる。文章だけでは説明できない情報を「人が話す(耳に訴求)」ことに加え、話しているだけではわからない情報を「詳細なシーン(目に訴求)」として動きのある動画でフォローすることがポイントとなります。

印刷物によるWeb Siteへの誘導。

企業のWeb Siteは、情報の宝庫です。しかし、欲しい情報にたどり着くまでには、閲覧者の相当な努力が必要となります。最近では、ナビゲーションも進化し、欲しい情報にたどり着ける確率は高まりました。しかし、まだまだSite内に埋没したコンテンツの数は数知れずあると思われます。そこで、「知らせたい情報を知りたい人へ」、どのように誘導するかが大きな課題となります。

■Web Siteにバナーを設定する。■Corporate AppからWeb Siteに誘導する。■Paper Media(印刷物)から、QRコード、ARカメラで誘導する。
バナーをクリックすると本編の動画を再生するのではなく、ダイジェストムービーやショートムービーで、クリック先にはどのような情報が収納されているかを「目と耳」で知らせ、期待感を高めることが有効です。

その場合も、同様にダイジェストムービーやショートムービーの活用をお勧めします。

動画の役割は、フルバージョンで見せる方法と、ダイジェストで見せる方法があり、その使い分けがポイントとなります。at Makeでは、見る人を「魅了する」ための工夫として、動画コンテンツに着目しています。

お問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

また、当ホームから送られるメールアドレス宛への直接のご返信はお受け出来ませんのでご容赦ください

なお、本問い合わせフォームからの弊社への営業活動はお断り致しております。

お問い合わせフォームに入力された内容はセキュリティ確保のため暗号化(SSL方式)されます。

お問い合わせ内容

※必須

御社名

※必須

お名前

※必須

フリガナ

※必須

電話番号(半角)

※必須

メールアドレス(半角)

※必須

所在地

ご用件

個人情報保護方針

※必須

個人情報保護方針弊社の個人情報保護方針にご同意いただいた上でチェックを入れてください。