会社案内・パンフレット・カタログ・企画制作・デザイン・作成・印刷

会社案内・パンフレットの企画・デザイン・制作から印刷・発送まで

印刷は、産業革命とともに発展し、
文明・文化を牽引した一大産業。

ここからが、印刷工程です。印刷機には、代表的なものにオフセット印刷機や輪転印刷機などがあります。多くの印刷会社ではオフセット印刷機が使われています。

10_01_02_photo_a

オフセット印刷機

印刷機は、4つの“パーツ”からできている。

オフィスのプリンターを思い起こしてください。プリンターの中には、“黒、青、赤、黄”のトナーが入っています。実は、オフィスのプリンターも紙にプリントするわけですから、印刷機の原理で作られています。

10_01_02_photo_b

オフセット印刷機は、オフィスのプリンターと違って、印刷物を大量に印刷するための機械です。ざっくりとした説明になりますが、印刷機は4つのパーツから構成されています。“黒、青、赤、黄”の色を、順番に印刷するパーツです。印刷用語になりますが、それぞれのパーツを“印刷ユニット”と呼びます。

10_01_02_photo_c

黒→青→赤→黄の4つのユニット

刷版のインキをブランケットに転写。

絵の具は色を混ぜ合わせませて色を作りますが、印刷の場合は色を重ね合わせて色を作ります。印刷用紙は最初、黒色の“ユニット”を通ります。その後、青のユニット、赤のユニット、黄のユニットを通り過ぎてカラー印刷物が出来上がります。“ユニット”の中には、“胴”があり、その“胴”の部分に、先ほど紹介した刷版が巻かれています。

10_01_02_photo_d-a

刷版とブランケット

“胴”は“ユニット”の中で回転し、刷版にインキを付けます。そして、オフセット印刷機の一番の特長は、刷版と紙が直接触れないことです。刷版に付けられたインキを、一度、ゴムブランケットなどの中間転写体に転写(offset)し紙に印刷するため、オフセット印刷と呼ばれます。オフセット印刷の大半が平版(へいはん)を用いて行われているため、オフセットと言えば平版オフセット印刷のことを指します。それがオフセット印刷機の基本構造です。木版から、グーテンベルクの大発明によって活版に発展し、その技術がオフセット印刷機に受け継がれています。印刷は、産業革命とともに発展し、文明・文化を牽引した一大産業です。

お問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

また、当ホームから送られるメールアドレス宛への直接のご返信はお受け出来ませんのでご容赦ください

なお、本問い合わせフォームからの弊社への営業活動はお断り致しております。

お問い合わせフォームに入力された内容はセキュリティ確保のため暗号化(SSL方式)されます。

お問い合わせ内容

※必須

御社名

※必須

お名前

※必須

フリガナ

※必須

電話番号(半角)

※必須

メールアドレス(半角)

※必須

所在地

ご用件

個人情報保護方針

※必須

個人情報保護方針弊社の個人情報保護方針にご同意いただいた上でチェックを入れてください。