会社案内・パンフレット・カタログ・企画制作・デザイン・作成・印刷

会社案内・パンフレットの企画・デザイン・制作から印刷・発送まで

印刷の分からないこと色々。

印刷の色(インキ)は、色の3原色と黒。

最初に、印刷と色の関わりについて説明します。印刷インキの基本は、色の3原色と同じ原理で、青、赤、黄で構成されています。かと言って、皆さんが想像する青と赤はすこし違うかもしれません。青(ショッキング・ブルー)、赤(ショッキング・ピンク)、黄の3色で、その3色が重なり合うことによって、印刷物のさまざまな色を表現しています。絵具の色を混ぜ合わせて、いろいろな色を作るのと同じです。因みに、青、赤、黄の3色を重ね合わせると“黒”になります。

10_01_01_a
色の3原色

しかし、印刷のインキにも“黒インキ”があります。黒は、主に“文字”を表現するために使われるインキです。印刷インキは、青、赤、黄+黒(スミ)の4色で構成されています。しかし、青、赤、黄を重ね合わせても出来ない色があります。色の3原色を思い起こしてください。そう、その色は“白”です。皆さんが印刷物で見ている“白色”は、実は、“紙”の色なんです。青、赤、黄に加え、文字の色として使うインキが黒インキを加え、 この4色のインキを使って印刷したものが、皆さんが普段目にする印刷物です。

10_01_01_b
白抜き文字は紙の色

3色では表現できない色もある。

その他、4色を重ね合わせても表現できない色や、正確なロゴマークの色を表現したい。このような場合は、特別に青、赤、黄の印刷用インキを混ぜ合わせて、ご指定の色を作ることができます。それが“特色”と呼ばれるインキです。特色インキには、金、銀、白、蛍光色などもあります。

10_01_01_photo_c
青、赤、黄の印刷用インキを混ぜ合わせる機器

また特色は、人の顔の色や美術印刷など、高品位の印刷物には、青、赤、黄、黒のインキにプラスして、特色をなん色も加えるケースもあります。このような印刷物は、腕利きの職人だからできる。長年の経験とノウハウがなせる技の世界です。

色と、光の3原色の違い。

光の3原色はRGB。赤、緑、ブルーです。RGBの色が重なると、白になります。光の3原色では“黒”が表現できないので、PCのモニターで見ている“黒”は、液晶パネルの色です。

10_01_01_d
光の3原色

デザイナーがパソコンに向かってデザインやレイアウトをしますが、画面で色を表示させるために、光の3原色・RGBで構成された色を画面上で作っていることになります。モニター上の写真も同様に、その色を表現させるために、RGBを組み合わせてカラー写真や、文字の色、オブジェクトの色をモニター上に再現していることになります。

10_01_01_jpeg_e

デザイン・レイアウト作業は、同時に製版作業でもある。

では、印刷と色に話しを戻します。印刷でいう製版作業とは、色を作り出す作業でもあります。文字やオブジェクトの色や、カラー写真の色をモニター上に構成させます。「印刷の色って?」でも紹介しましたが、印刷の場合は、色の3原色でさまざまな色を表現しますので、インキは、青、赤、黄に加え、文字の色として使うインキが“黒インキ”です。そのため、RGBで制作された“光の3原色”から、“色の3原色”への変換作業が必要になります。デザイナーが制作したデータを使いPC上で自動変換作業を行い。青、赤、黄に加え、文字の色として使う黒、この色の構成に再構成します。つまり、デザイナーはデザイン・レイアウト作業を通し、同時に製版作業を行っており、写真やイラストの精度、文字やオブジェクトの色を含め、印刷物の作成に直結する作業工程でもあります。

刷版は木版画の木版と同じ原理。

印刷物は、印刷機を使って、印刷専用のインキを使って印刷します。木版画には木版が必要なように、印刷にも、刷るための版が必要です。それが刷版です。

10_01_01_photo_f_1

刷版の生成は、PCで作られたデザインデータを使い、色の構成要素を、専用の機械が自動で4つの色(色の3原色+黒)の構成要素に分け、面付けされた4枚の刷版を出力します。面付けについては、次の“面付けって、なに?”で説明します。カラー印刷の場合、“印刷の色って?”や“製版作業って?”でも紹介したように、“赤、青、黄、黒”の色を組み合わせる必要があります。つまり、刷版も“青、赤、黄、黒”の色を刷り分けるために、4枚の刷版が必要となるわけです。

A4サイズのチラシを8枚並べて印刷。

また製版作業には、刷版を作成するために大切な工程が含まれます。それが面付けという工程です。では、A4サイズのチラシやフライヤーの印刷例を説明しましょう。

10_01_01_photo_g

印刷の現場を見たことのある方は、おおよそ理解でいると思いますが、見たことのない方は想像がつかないと思います。印刷物は、A4サイズの用紙で1枚ずつ印刷するのではなく、大きな紙にA4サイズを何枚も並べて一緒に印刷します。オフセット印刷機で印刷する場合、A4サイズの印刷物を8枚まで一緒に印刷できる大きさの印刷用紙があります。

では、8枚のフライヤーやチラシを印刷する場合はどうするのでしょうか。デザイナーが制作したデータを、8枚並べて刷版を作成します。その刷版を作成するために必要な工程が“面付け”です。つまり、制作されたデータを、デジタル処理で自動的に8枚並べる作業が、“面付け作業”で、その面付け作業されたデータで刷版を作成します。

10_01_01photo_h
面付けされた断裁前のチラシ

印刷機は、大量の印刷物を印刷するための機械。

そして、面付けされた刷版で8枚の表面を刷り、裏面にも印刷面がある場合は、紙を裏返して裏面も印刷します。こうして出来上がったのが、表裏が印刷されたA4サイズのフライヤーやチラシです。つまり、印刷用紙1枚で8枚のフライヤーやチラシができるわけです。パンフレットやカタログも同様で、1枚の印刷用紙で表面、裏面で16ページの印刷物を同時に刷ることができます。もし、印刷現場を見学したいという方がいらっしゃいましたら、“工場見学のご案内”からお申し込みください。

お問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

また、当ホームから送られるメールアドレス宛への直接のご返信はお受け出来ませんのでご容赦ください

なお、本問い合わせフォームからの弊社への営業活動はお断り致しております。

お問い合わせフォームに入力された内容はセキュリティ確保のため暗号化(SSL方式)されます。

お問い合わせ内容

※必須

御社名

※必須

お名前

※必須

フリガナ

※必須

電話番号(半角)

※必須

メールアドレス(半角)

※必須

所在地

ご用件

個人情報保護方針

※必須

個人情報保護方針弊社の個人情報保護方針にご同意いただいた上でチェックを入れてください。